MDPI 日本支社

MDPI 25th anniversary

MDPI Japanはオープンアクセスジャーナル専門の出版社であるMultidisciplinary Digital Publishing Institute(MDPI)の日本支社として、2019年9月に東京に設立されました。オープンアクセス出版のパイオニア企業として、日本の学術コミュニティのさらなる発展に貢献できるよう活動しています。

MDPIは、1996年の創業以来、皆様の研究成果をより速く・より広く発信するためのプラットフォームとなれるよう活動しています。独自の出版システムSuSyの導入や5,000名の社内エディターによる分業を通じて、投稿から出版まで平均40日の高速出版を実現しています。また、学術出版事業に加えて、文献データベースScilitや学術会議プラットフォームSciforumなど皆様の研究活動の効率化に役立つ事業を多数運営しています。日本支社では学術出版事業、各サービスの日本語サポート、日本支社独自のサービスやイベントの企画・実施などを行っています。

MDPI Japanでは一緒に働く仲間を募集しています。詳細は採用情報をご覧ください。

MDPI Japan FB 最新の掲載論文や特集号のご紹介、ジャーナルやサービスに関する情報発信、協賛学術会議のご案内などを行っています。
MDPI Japan blog 論文執筆や研究発表に関するお役立ち情報、サービスご利用ガイド、インタビュー記事や寄稿記事、イベント情報などを発信しています。

サービス情報

募集情報

新着情報

お知らせ

日本支社では東京都の方針に則りオフィスワークとテレワークを併用しております。もしお電話がつながらない場合は、ご不便をおかけいたしますが、[email protected] までご連絡ください。よくあるご質問はこちらをご覧ください。
弊社からのご連絡が迷惑フォルダに自動的に振り分けられる事象が確認されております。お問い合わせいただいた内容に返信がない場合、お手数ですが一度ご確認いただきますようお願い申し上げます。

2021年10月13日採用情報を更新しました。MDPIでのキャリアにご興味をお持ちの方はぜひご覧ください。

2021年9月14日:日本支社の会社案内資料を更新しました。ダウンロードはこちら(PDF)から。

2021年9月2日:日本支社のブログを開設しました。論文執筆や研究発表に関するお役立ち情報、MDPIサービスのご利用ガイド、研究者の皆様のインタビュー記事やご寄稿、イベント情報などを発信しています。ぜひご覧ください。

2021年7月21日:平素よりMDPIにご投稿・ご出版くださり、誠にありがとうございます。この度、所得税法の一部を改正する法律(平成27年法律第9号)等により消費税法等の一部が改正され、8月15日以降に投稿され、新規論文IDが付与された論文(再投稿論文を含む)の掲載料や、その他サービス利用料の一部に消費税が課税される運びとなりました。著者の皆様方にはご負担をおかけしてしまい心苦しく存じますが、なにとぞご理解をいただきたく今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。(国税庁「国境を越えた役務の提供に係る消費税の課税関係について」)

2021年7月1日ジャーナル一覧ページのJournal Impact Factor(TM)を更新しました。

2021年6月4日:日本支社のFacebookページを開設しました。最新の掲載研究紹介やオープンサイエンスの解説、サービス紹介などを発信しています。皆様からのLikeやFollow、お待ちしています。

2021年4月9日採用情報を更新しました。MDPIでのキャリアにご興味をお持ちの方はぜひご覧ください。

2021年3月8日:Annual Report 2020が公開されました。

2021年3月2日協賛先学術会議一覧ページを新たに公開しました。

2021年2月15日:投稿システムSuSyの案内資料を作成しました。ダウンロードはこちら(PDF)から。

2021年1月25日:日本支社の会社案内資料を作成しました。ダウンロードはこちら(PDF)から。

2021年1月6日オープンアクセスについての解説ページ、弊社サービスジャーナルに関するページを新たに作成しました。

2020年12月16日:日本支社の新しいウェブサイトがオープンしました。

Back to TopTop