MDPIについて

ミッション

私たちは、最新の研究成果に誰もがアクセスできる未来を目指し活動しています。
私たちは、世界中の多様なバックグラウンドを持つ研究者に、オープンで使いやすいサービスを提供します。
私たちは、
・オープンアクセスであること
・迅速で透明性が高いこと
・シンプルで使いやすいこと
・高品質で信頼されること
・柔軟でテーラーメイドであること
・持続可能性に基づいていること
の理念のもと、研究コミュニティの発展に貢献します。

歴史・沿革

1996年 研究試料の保管団体 Molecular Diversity Preservation International(MDPI Verein)をスイスのバーゼルに設立

1996年 Springer Verlag社と共同で電子ジャーナルMoleculesを創刊

1997年 オープンアクセスジャーナルMoleculesを単独で運営開始

2008年 オープンアクセスポリシーを明確化し、クリエイティブ・コモンズ 表示ライセンス下での出版開始

2008年 年間出版論文数が1000報を突破

2010年 社名をMultidisciplinary Digital Publishing Institute(MDPI AG)に変更

2011年 年間出版論文数が1万報を突破

2019年 MDPI Japanを東京都千代田区に設立

2019年 年間出版論文数が10万報を突破

2020年 MDPI Japanを東京都中央区(現住所)へ移転



私たちは、1996年スイスのバーゼル市にて設立された、オープンアクセス出版のパイオニア企業です。2020年現在、290以上の国際的なオープンアクセスジャーナルを出版・運営しています。そのうち72誌が、Clarivate社Journal Citation ReportにおいてImpact Factor付きの評価を受けています。より多くの研究者の皆様にMDPIが誇る迅速で透明性が高い出版プロセスを経験していただけるよう、多様な研究領域においてオープンアクセスジャーナルを運営しています。

私たちは、出版規範委員会(COPE)、オープンアクセス学術出版社協会(OASPA)、オープンアクセス学術誌要覧(DOAJ)、国際科学技術医学出版社協会(STM)の会員として、出版倫理に基づいてオープンサイエンスの発展に貢献できるよう努めています。過去いただいたご批判に対する本社の回答はこちらからご覧ください。

ジェフリー・ビール氏のリストに対する回答
これまでの物議を醸した論文への批判に対する回答

Back to TopTop